共産党国会議員・農業被害調査に

14日の畑野君枝衆議院議員・斉藤和子前衆議院議員につづき、今日は紙智子参議院・田村貴昭衆議院議員のトマト生産農家の被害視察に同行しました。

 

出荷目前にトマトハウスの9割が被害にあい、今年後半の収入が絶たれ、ビニールハウスの損害も含めると2000万円にも達すると途方に暮れながらも、ビニールハウスの解体を始めていました。

「農家が、これならやれるという意欲を持てる支援を」の声に、しっかり取り組むことを約束し、12時からは北村市長と懇談。

 

激甚災害対応を国に求めていただきたいとの要望を受けました。