八街 農業用廃プラの回収

クリーンセンター内倉庫に次々と運び込まれるビニール
クリーンセンター内倉庫に次々と運び込まれるビニール

今回の台風で、倒壊したトマトのビニールハウスは9割、農家によっては全壊です。

 

破れたビニールは廃プラ、ハウスの骨組みの鉄パイプは廃材となり、その処理が急がれます。

 

八街市クリーンセンターではいち早く、廃プラの持ち込みができるようにしました。

 

ところが、環境省は回収された廃プラは「事業ゴミ」あるとして、処分に対する助成をしようとしません。

ビニールがはがされ、曲ってしまったハウスのパイプ
ビニールがはがされ、曲ってしまったハウスのパイプ

国は激甚災害の緊急対策として、廃プラ処理の補助をすべきです。

 

鉄パイプは農家が農政課に電話をすれば、業者が直接取りに行くよう手配され、農家から喜ばれています。