八街駅南口・ロータリーの安全対策

昨年9月議会で、

「ロータリー内の朝夕の通勤・通学時間帯は送迎車やバス、タクシーなどで混雑し、歩行者と車が錯綜して大変危険な状態となっており、横断歩道、障がい者専用の駐車スペースの確保で安全対策を」と求めたのに対し、

19日に通常の横断歩道と同様のラインが引かれ、駐車スペースが確保されました。

 

 

ロータリー内の駐車は全面禁止となっていますが、実際には送迎時に乗り入れざるを得ず、混雑の原因となっています。

 

南口の奥にある第1駐輪場は29%しか利用されておらず、縮小して送迎車用の駐車スペースとして活用することを提案。

 

市は「検討」するとしています。早期実施を引き続き求めてまいります。

 

左上の画像は「白線がひかれる前」、右下の画像は「白線がひかれた後」になっています。