障がい年金手続きの簡素化は切実 !

今日は、2人の障がい年金受給手続きのお手伝い。 一人は、全盲の方。数日前、白杖をたよりに電車を乗り継ぎ年金事務所へ。しかし、「署名をして投函するように」と申請書類の袋を渡され帰宅。本人の代筆で書類を整えたが、全盲の方に健常者と変わらぬ窓口対応は、何とかならないものなのかと腹立たしさでいっぱいに。 もう一人の方は、難病となった夫の年金受給手続きの為、一緒に年金事務所へ。書類手続きで何度も足を運ぶのは、当然の窓口対応。 障がい者・家族が不自由なく、あたり前に生活していけるために、こうした手続きが保障されることが必要です。