議長・副議長の任期4年にあたっての申し入れ

議長・副議長の任期4年にあたっての申し入れ
9月議会で議長・副議長の任期が終了することから、議会運営委員会で「地方自治法では議長・副議長の任期は4年としており、現在の2年の任期から4年に変更すること」を提案し、4年間と決まりました。 この間の議長・副議長職は、交代制でじっくりと議会運営に専念できない状況がありました。