終戦の日

終戦の日 · 2019/08/16
8月15日 終戦の日 あらためて平和憲法と向き合う日。 1941年から始まった15年にわたる太平洋戦争は、残虐な侵略と過酷な植民地支配以外の何ものでもありません。この戦争による日本人の犠牲は310万人。アジア諸国の犠牲者は2000万人以上にものぼり、甚大な被害をもたらしました。 多くの犠牲をだした戦争への反省が、戦後の原点であり、平和憲法の成り立ちです。